給付金請求


国のせいでB型肝炎に感染した方は、どのような症状であっても、給付金の請求をすることができます。それぞれの症状に合わせて給付金の額は異なっています。重症の方ほど高額な給付金を受け取ることができるのです。

給付金たとえば死亡していたり、肝がんや肝硬変になっている場合は最も高い給付金額となります。発症して20年経過していない場合は3600万円であり、20年経過していたとしても900万円となっています。軽度な肝硬変の場合は発症して20年以内であれば2500万円、20年経過して治療中であれば600万円、治療していない場合は300万円です。

このようにそれぞれの状態によって請求できるお金は異なっています。ただし、実際の裁判とは違い、形式的に要件を満たしているのかを確認するだけであり、あまり身構える必要はありません。

給付金請求ではさまざまな書類や資料が必要となります。自分で手続きを進める場合には裁判所まで出向く必要もあるでしょう。そのため、多くの方は弁護士を雇っていることが多いです。弁護士であれば代理人として行動してくれます。そのため、安心して仕事を任せることができるでしょう。弁護士費用を国が補助してくれる制度もあるため、費用について問題ありません。

ue reading »',

B型肝炎の症状


B型肝炎ウイルスに感染してしまうとどのような症状が生じるのでしょうか。初期感染については多くの場合無症状となっています。しかし、一部の方は急性肝炎になってしまうことがあります。成人の場合は一過性感染であることが多いです。

持続感染するケースもあります。たとえば母子感染してしまった場合には持続感染となることが多いのです。これは子供は免疫系が未熟なため、ウイルスに感染しても、これを完全に排除することが難しいからです。ただし、現在はしっかりと対策がされているため、母子感染はほとんどのケースで防ぐことができています。

肝臓また、万が一B型肝炎に感染したとしても、無症候性キャリアの方がいます。こちらはウイルスが増殖していたとしても、肝障害が発生していません。また、無症候性キャリアの中には、ウイルスの増殖を抑えられているケースもあります。このようにB型肝炎ウイルスに感染していたとしても、ひどい症状にならないケースもあります。このような場合でも給付金を受け取ることはできます。

慢性B型肝炎になっている方もいます。この場合は、肝硬変に移行したり、肝細胞癌が発症することがあるでしょう。また、無症候性キャリアであってもまれに肝細胞癌になることはあります。

ue reading »',

B型肝炎の集団感染


B型肝炎ウイルスというものがあります。こちらに感染してしまうとB型肝炎になってしまうでしょう。こちらは略してHBVと呼ばれます。こちらは日本においては100万人以上のキャリアがいるとされています。大部分は自然治癒するのですが、まれに肝炎発症してしまうことがあります。そこから慢性肝炎になったり、肝硬変や肝臓がんになってしまうことがあるのです。

注射器B型肝炎は血液を介して感染するのが特徴となっています。そのため、かつては感染者がたくさん出たことがあります。日本では戦後から1988年頃にかけて幼児期に集団予防接種を受ける際に、注射器が連続使用されていたという事実があります。これによってB型肝炎ウイルスが蔓延してしまったのです。国はこの危険性を認識していたにも関わらず放任していました。このような事実があるため、明らかにB型肝炎の感染者が増えたのは国の責任なのです。そこで集団感染訴訟が行われました。これによって特別措置法が施行されたのです。

今では裁判上の和解を経て給付金を受け取れるような制度が整っています。こちらではそんなB型肝炎ウイルスについての情報を提供しましょう。また、給付金に関しても説明しましょう。今でもたくさんのキャリアがいるのがB型肝炎です。そのため、こちらの感染症に関する正しい知識を持っておくことはとても良いことでしょう。こちらのウイルスの特徴から給付金を得るための方法についてまで、幅広い情報を提供しましょう。

ue reading »',