給付金請求


国のせいでB型肝炎に感染した方は、どのような症状であっても、給付金の請求をすることができます。それぞれの症状に合わせて給付金の額は異なっています。重症の方ほど高額な給付金を受け取ることができるのです。

給付金たとえば死亡していたり、肝がんや肝硬変になっている場合は最も高い給付金額となります。発症して20年経過していない場合は3600万円であり、20年経過していたとしても900万円となっています。軽度な肝硬変の場合は発症して20年以内であれば2500万円、20年経過して治療中であれば600万円、治療していない場合は300万円です。

このようにそれぞれの状態によって請求できるお金は異なっています。ただし、実際の裁判とは違い、形式的に要件を満たしているのかを確認するだけであり、あまり身構える必要はありません。

給付金請求ではさまざまな書類や資料が必要となります。自分で手続きを進める場合には裁判所まで出向く必要もあるでしょう。そのため、多くの方は弁護士を雇っていることが多いです。弁護士であれば代理人として行動してくれます。そのため、安心して仕事を任せることができるでしょう。弁護士費用を国が補助してくれる制度もあるため、費用について問題ありません。

ue reading »',