B型肝炎の症状


B型肝炎ウイルスに感染してしまうとどのような症状が生じるのでしょうか。初期感染については多くの場合無症状となっています。しかし、一部の方は急性肝炎になってしまうことがあります。成人の場合は一過性感染であることが多いです。

持続感染するケースもあります。たとえば母子感染してしまった場合には持続感染となることが多いのです。これは子供は免疫系が未熟なため、ウイルスに感染しても、これを完全に排除することが難しいからです。ただし、現在はしっかりと対策がされているため、母子感染はほとんどのケースで防ぐことができています。

肝臓また、万が一B型肝炎に感染したとしても、無症候性キャリアの方がいます。こちらはウイルスが増殖していたとしても、肝障害が発生していません。また、無症候性キャリアの中には、ウイルスの増殖を抑えられているケースもあります。このようにB型肝炎ウイルスに感染していたとしても、ひどい症状にならないケースもあります。このような場合でも給付金を受け取ることはできます。

慢性B型肝炎になっている方もいます。この場合は、肝硬変に移行したり、肝細胞癌が発症することがあるでしょう。また、無症候性キャリアであってもまれに肝細胞癌になることはあります。

ue reading »',