B型肝炎の集団感染


B型肝炎ウイルスというものがあります。こちらに感染してしまうとB型肝炎になってしまうでしょう。こちらは略してHBVと呼ばれます。こちらは日本においては100万人以上のキャリアがいるとされています。大部分は自然治癒するのですが、まれに肝炎発症してしまうことがあります。そこから慢性肝炎になったり、肝硬変や肝臓がんになってしまうことがあるのです。

注射器B型肝炎は血液を介して感染するのが特徴となっています。そのため、かつては感染者がたくさん出たことがあります。日本では戦後から1988年頃にかけて幼児期に集団予防接種を受ける際に、注射器が連続使用されていたという事実があります。これによってB型肝炎ウイルスが蔓延してしまったのです。国はこの危険性を認識していたにも関わらず放任していました。このような事実があるため、明らかにB型肝炎の感染者が増えたのは国の責任なのです。そこで集団感染訴訟が行われました。これによって特別措置法が施行されたのです。

今では裁判上の和解を経て給付金を受け取れるような制度が整っています。こちらではそんなB型肝炎ウイルスについての情報を提供しましょう。また、給付金に関しても説明しましょう。今でもたくさんのキャリアがいるのがB型肝炎です。そのため、こちらの感染症に関する正しい知識を持っておくことはとても良いことでしょう。こちらのウイルスの特徴から給付金を得るための方法についてまで、幅広い情報を提供しましょう。

ue reading »',